Unityに関連する記事です

スマートグラスについて(2022年10月時点)


 ・スマートグラスは主に、ウェアラブルタイプの XR デバイスであり、
  2013年に Google の Google Glass(AR)、2016年に MicroSoft の HoloLens(MR) が発売された。
  
 ・各デバイスにより提供可能な機能が異なっており、まだ成熟していない分野の1つ。
  そのため、現時点では過渡期であると言える。

スマートグラス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E...


トピックス(2022年10月時点)


 ・スマートグラスではないが、ヘッドマウントディスプレイ・デバイスとして 2022年10月 Meta より Meta Quest Pro が発売される。226,800円。(2022年10月時点)
  Meta Quest 2 とは異なる方向性の商品なので比較する必要はない。

 ・来年以降には Apple からも XR デバイスが発売の見込み。スマートグラスなのか、ヘッドマウントディスプレイ・デバイスなのか不明。
  Meta、Google、MicroSoft の各社でデバイスが揃うので、ここからが本番と言える。

 ・開発者向け、企業現場向けが多く、一般消費者向けのスマートグラスのデバイスは Nreal シリーズのみ。

 ・市場としては活発に動いており、Magic Leap は先月 2 が出たばかりで、Meta も高級ヘッドセットとして Meta Quest Pro をリリース予定。
  
 ・ウェアラブルタイプが主流となるのか、ヘッドマウントディスプレイタイプが主流となるのか、
  それとも各分野によって、それぞれのデバイスがある程度の形で成立していくのか、不透明な要素が多い。
  現時点での一般流通でいえば、ヘッドマウントディスプレイである Meta のシェアが多い。

 ・来年には Apple からヘッドセットが発売になる予定のため、現時点では、企業が研究・開発目的のために複数のデバイスを購入し、
  どれが使いやすいか、どれの機能がよいかを、複数のデバイスを使って試している段階と思われる。


AR 対応の XR デバイスについて

1.HoloLens 2(ホロレンズ)


 MicroSoft が発売している MR 用デバイス。
 購入は MicroSoft のストアから。開発者か、法人のみ販売だったが、現在は一般も買える。
422,180円。(2022年 10月現在)
 
https://www.microsoft.com/ja-jp/hololens/buy?Silen...



 法人向けレンタル。1週間から。1か月6万円。(2022年 10月現在)

https://www.yrl.com/hololens2_lp/?gclid=CjwKCAjwka...



 MicroSoft によると、Unity では、Mixed Reality Toolkit(MRTK) の利用が推奨

https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-re...



 MRTK-Unity
 
https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-re...



 設定方法

https://www.moguravr.com/xr-kaigi-2021-10/



 Unity マニュアル

https://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/XR.html



 Unity チュートリアル

https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-re...



 アプリ作成例

https://blog.syntegrate.jp/2022/06/24/lets-make-ho...


2.Magic Leap 2(マジックリープ)


 MR 用デバイス。2022年9月に 2 が登場した。3モデルある。(2022年 10月現在)

 Magic Leap 2 Baseは開発者や専門家向けで、商業展開用の機能を有している。約 455,000円(2022年 10月現在)

 Magic Leap 2 Developer Proは開発者用ツールやサンプル、企業向け機能が使用可能になっており、
社内でのデモツールとして使用することが推奨されている。約 566,000円(2022年 10月現在)

 Magic leap 2 Enterpriseは大規模なIT展開や企業向け。約 690,000万円(2022年 10月現在)



 Magic Leap 1 は、エンターテインメント性のあるデバイスとして展開していたが、2 では主に法人向けの利用を想定している様子。
 そのため、発売前より、医療、製造、軍事などの企業パートナー向けの早期アクセスプログラムが開始されている。
 


 ・SDKと設定方法

 Unity の Package Manager から Unity Registry にある Unity XR Magic Leap Plugin をインストールする

https://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2022/08/...



・Magic Leap 2 で MRTK(Mixed Reality Tool Kit) を利用する場合には、MicroSoft で用意している The Lab 2.0 サイトより SDK を入れる

https://bluebirdofoz.hatenablog.com/entry/2022/08/...


3.NrealLight(エンリアル・ライト)


 中国発 AR デバイス。Android 端末とセットで利用。Nreal Air が今年の7月に発売された。日本と韓国で展開。

 NrealLight は KDDI のお店のみ。69,799円。(2022年10月現在)
ただし、現在は在庫なし。1人1個のみ。かつ、au か UQ モバイルの回線契約が必要。

 Nreal Air は KDDI でも Docomo でも Amazon でも買える。45,980円。(2022年10月現在)。こちらは au と Docomo 回線が利用可能。

 Docomo は Nreal Air のレンタルあり。3日で4,980円。1年後に購入できるプランもある。

https://rental.kikito.docomo.ne.jp/rental/devices/...



 機能の比較

https://time-space.kddi.com/au-kddi/20220426/3305



 どちらの Nreal もバッテリーはなし。スマホ端末に USB Type-C ポートを利用して有線接続する。
DP ALT Mode (DisplayPort over alternate modeで、USB-Cコネクターを通じて映像出力を得るための規格)に対応している必要あり、
これに連動して電源が入る。単独での利用は不可。
 
 対象機種は Nebula 対応のスマホのみ。SIM フリー版のスマホは対象外。



 Unity 用にNRSDK がリリースされている。Android モジュールのインストールが必要。
Nreal Light に接続する端末には、Nreal 公式でも推奨している Scrcpy を利用。
Scrcpy はAndroid 端末をリモート操作するアプリツール。Wifi 接続も可能。

 ・開発準備

https://zenn.dev/alucky7th/articles/3c59edaa9d3b32



 ・だれでもできる!Nreal Lightアプリ作成入門 - Synamon’s Engineer blog

https://synamon.hatenablog.com/entry/nrealnyuumon



 ・Unityを使って初めてのNreal Airアプリを作ってみよう!

https://zenn.dev/meson/articles/get-started-with-n...



 Nreal Light / Air 開発入門ハンズオン

https://speakerdeck.com/takashiyoshinaga/air-kai-f...


AR 用の SDK 比較


 下記のサイトを参照。
 
https://xr-hub.com/archives/19053

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます