Unityに関連する記事です

 以下の内容で順番に実装を進めていきます。

 0.Excelにてシナリオデータの作成を始める(内容は後述。ゲームシーンの製作と平行して徐々に書き溜める)
 1.新しいプロジェクトを作成する
 2.ゲームシーンを作成する
 3.ヒエラルキー上にCanvasを設置する


0.Excelにてシナリオデータの作成を始める


 こちらは実装の手順を考えるページにある書式にて、随時書き進めてください。

1.新しいプロジェクトを作成する


 Unityにて新しいプロジェクトを作成します。

 UnityHubを起動し、新規作成ボタンを選択します。新規作成ボタンを押す前に、右隣にある矢印のプルダウンメニューボタンを押すと、新規作成するUnityのバージョンを指定できます。
バージョンは2019.4、あるいは2020.1を選択してください。
 製作するPlatformはAndroid、またはiOSにて設定しましょう。

 新規作成用のポップアップが開いたら、テンプレートでは「2D」を選択、プロジェクト名は「TextAdventureGame」に変更して、右下の作成ボタンを押します。



2.ゲームシーンを作成する

 Unityが起動したら、左上のメニューより File => Save As... を選択して現在表示されているSampleシーンに名前を付け直して保存をします。
Gameなどのわかりやすい名前に変更しておきましょう。

 シーン名を変更するとヒエラルキー上にあるシーンの名前にも変更が反映されますので、保存した名前のシーン名になっているか、確認をしましょう。

3.ヒエラルキー上にCanvasを設置する

 ヒエラルキー上にてゲームオブジェクトのない位置でメニューを表示し(Windowは右マウスボタンをクリック)、UI => Canvas を選択してCanvasを作成しましょう。
一緒にEventSystemも作成されます(タップ感知などを行うものなので、削除しないでください。)

 今回のゲームではCanvas内にゲームオブジェクトを配置してゲームを製作していきますので、このCanvasがメインの製作場所となります。

 CanvasのCanvasScalerコンポーネントを確認して、UI Scale Mode を Scale with Screen Size に変更します。
Reference Resolusion の X と Y は自分のスマホの解像度で設定しておきましょう。画像はiPhone 11 の設定の場合です。



 
 ここまでのヒエラルキーの画面ショットです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます