Unityに関連する記事です

 宴アセットにおいて保存されている Parameter データをローカルセーブ・ロードする方法です。
Parameter を保持しておくことができれば、Unity 側に変数を用意しなくてもフラグなどの管理が行えます。



利用する機能

 
 Parameter データをローカルセーブ・ロードには、宴の用意している AdvEngine ゲームオブジェクトにアタッチされている AdvSaveManager クラスの機能を利用します。


参考サイト
Unity用ビジュアルノベルツール「宴」
Adv Save Manager



宴の AdvEngine 管理クラス


 宴のサイトに提示されているサンプルコードをベースにしたクラスの作成例です。
ここではゲームの開始時に、宴の起動を待ってから、Parameter の情報を取得するようにロジックを組んでいます。


SampleAdvEngineController.cs

<= クリックすると開きます。


 スクリプトを作成したらセーブします。


ゲームを実行して動作を確認する


 インスペクターに宴の Parameter の情報を表示してから、ゲームを実行します。
まずは最初に宴の会話イベントを発生させて、Parameter の値の更新を行います。
Parameter が更新されると、宴側では自動セーブが実行されます。
 
 一度、ゲームを停止して、再度、ゲームを実行します。
このタイミングで宴にセーブされている Parameter の値がロードされて復元されるかを確認します。


<ロード前(ゲーム実行前)のインスペクター画像>



<ロード後(ゲーム実行後)のインスペクター画像>




 以上になります。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



プログラムの基礎学習

コード練習

技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

3Dトップビューアクション(白猫風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます