Unityに関連する記事です

設計


 2回の手順に分けて、ミニマップ上にマーカー用のアイコンを設置/解除する機能を追加します。

 探索時においてマーカーを設置し、侵入時の目安として利用できるようにします。

 今回では、ミニマップの制作を行った際の復習も兼ねて、マーカー用のアイコンをミニマップに表示させるためのゲームオブジェクトを作成します。


<次の手順まで実装した際の完成動画 
動画ファイルへのリンク


<次の手順まで実装した際の完成動画◆
動画ファイルへのリンク


アイコン用の RenderTexture の作成


 任意のフォルダ内で Create => RenderTexture を選択し、新しい RenderTexture を作成します。
名前は IconRenderTexture のように、わかりやすい名称にしておいてください。

 特に設定を変更する必要はありません。






アイコン用の IconCamera の作成


 アイコン用のカメラを新しく作成します。
ミニマップと同じ位置に、同じ大きさで重なるようにして作成しますので、
MinimapCamera ゲームオブジェクトを複製(Duplicate) してください。
 
 名前を IconCamera に変更します。

 Culling Mask の設定を行い、GroundDetector の Layer のみを選択します。

 Target Texture の部分に、先ほど作成した IconRenderTexture をドラッグアンドドロップしてアサインしてください。

 それ以外の部分はそのまま利用します。
MinimapCamera スクリプトもアタッチしてあるので、そのままで問題ありません。











アイコン用の RawImage_Icon の作成


 アイコン表示用の RawImage ゲームオブジェクトを作成します。

 作成方法などは、前回 RawImage ゲームオブジェクトを作成した手順と同じです。
ただし、アサインする情報以外は同じであるため、RawImage_Minimap ゲームオブジェクトを複製して利用してもいいです。

 名称は RawImage_Icon に変更しておきます。

 また、RawImage コンポーネントの Texture の設定を IconRenderTexture に変更してください。











MinimapCamera ゲームオブジェクトにタグを設定する


 新しく MinimapCamera タグを作成し、IconCamera ゲームオブジェクトに設定しておいてください。






 以上でこの手順は完成です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます