Unityに関連する記事です

 Vuforia 10.15 以降のバージョンでは、Unity 2022.3.5f1 以降における ARFoundation 5 バージョンに対応可能になりました。(2024.1月現在)
また、Unity のアセットストアより、最新の Vuforia Engine のインポートも可能になりました。


Vuforia 公式サイト 
Vuforia Engine Package for Unity
https://developer.vuforia.com/library/getting-star...

Vuforia Engine and AR Foundation
https://developer.vuforia.com/library/unity-extens...


 なお、ARFoundation 4 以前のバージョンについてはここでは説明しません。



アセットストアよりVuforia Engine をインポート



https://assetstore.unity.com/packages/templates/pa...



 






 以前のバージョンの Vuforia がインポートされている場合には上書きの確認があります。






 インポート前後でパッケージの依存関係でエラーが発生する場合には、
一度、PacakgeManager にて Default 状態に戻し、再度、必要なパッケージのインポートを行ってください。


ライセンスキーの取得と Unity への登録


 インポートが完了すると、Vuforia のライセンスキーの取得を行うように確認用のポップアップウインドウが開きます。





 すでにライセンスキーを取得済であれば Accept を選択します。
これから取得する場合には View in Browser を選択します。
リンク先の Vuforia Developer Agreementを確認し、その全ての条件に同意してライセンスキーを取得します。

 またライセンスキーをコピーしておきます。



 取得したライセンスを Unity 内で登録します。
Resouces フォルダ内に VuforiaConfiguration ファイルがありますので、そちらを選択します。
インスペクター表示内に Add License Key ボタンがありますので、そちらをクリックして、ライセンスキーを貼り付けます。








 以上で設定は完成です。


XR Origin ゲームオブジェクト


 Vuforia が XR Origin ゲームオブジェクトに対応するようになりましたので、
これで AR Foundation 5 以降での Vuforia との連携が可能になります。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます