Unityに関連する記事です

 この問題集は、UnityとC#の初心者がif文の基本的な使い方を理解することを目指しています。
具体的なゲーム開発の状況を想定して問題を作成しました。コード例も提供していますので、ぜひ挑戦してみてください。



if 文


 "if"という単語は英語で「もし」という意味です。
それを思い出しながら、"if"文を「もし...ならば...」という形で理解してみてください。

 例えば、「もし外が雨ならば、傘を持っていく」という日常生活の判断を、コンピュータプログラムにおける"if"文で表現してみましょう。

bool isRaining = true; // 外が雨かどうかを表す真偽値(bool)型の変数です。今回は「雨が降っている」のでtrueにします。

if (isRaining) {
    // "if"の後ろの条件(ここではisRaining)がtrueの時、この中のコードが実行されます。
    // つまり、「もし雨が降っているならば、傘を持っていく」という動作をコードに置き換えます。
    Debug.Log("傘を持って行きます。");
} else {
    // "else"の後のコードは、"if"の条件がfalseのときに実行されます。
    // つまり、「もし雨が降っていないならば、傘を持っていかない」という動作をコードに置き換えます。
    Debug.Log("傘は必要ありません。");
}

 これが基本的な"if"文の使い方です。もし...ならば...、そうでなければ...、という形でプログラムが動作します。


問題1


 プレイヤーのHPが0以下になったら「あなたは倒れました」と表示するプログラムを作成してください。

<= クリックすると回答のサンプルコードが表示されます



問題2


 プレイヤーが特定の場所に到達したら「ゴールに到着しました」と表示するプログラムを作成してください。

<= クリックすると回答のサンプルコードが表示されます



問題3


 プレイヤーがパワーアップアイテムを取得したら、パワーアップ状態(bool型の変数)をtrueに設定し、
次に敵に攻撃した時、パワーアップ状態なら2倍のダメージを与えるプログラムを作成してください。

<= クリックすると回答のサンプルコードが表示されます



まとめ


 これらの問題を通じて、C#とUnityを使用した基本的なプログラミングの概念、特に条件分岐について理解を深めることができました。
また、ゲームのコンテキストにおけるこれらの概念の応用についても学びました。

 初めて学ぶ概念かもしれませんが、繰り返しコードを書いて理解を深めていきましょう。
もし難しい場合は、1つずつゆっくりと進めていくことが大切です。

 これらの問題に挑戦し、それぞれの解答例と解説を読むことで、基本的な概念の理解を深めていきましょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます