Unityに関連する記事です

1.既存ゲームの分析と理解


 モディファイしたいゲームの初めに、そのゲームを徹底的に分析し、そのゲームのコア要素やゲームプレイの仕組みを理解します。
これにより、後の設計段階で必要な変更を明確に把握できます。


2.シーン設計の基本


 新しいシーンを設計する際に、ゲームのコンセプトに合わせてシーンの目的を明確にしましょう。
これには、プレイヤーの目的やゲーム内の物語要素が含まれます。また、シーンの外観や環境も検討し、ゲームの雰囲気に合わせましょう。


3.既存シーンの再利用


 既存のゲームからシーンを再利用することは、効率的でリソースを節約できる方法です。
適切なシーンを選択し、必要に応じて変更を加えて新しいゲームに適合させましょう。


4.シーン遷移の計画


 ゲーム内でのシーン遷移は非常に重要です。
プレイヤーのストーリー体験やゲームフローをスムーズにするために、シーン間の遷移を計画し、トランジションやエフェクトを追加しましょう。


5.ゲームプレイメカニクスの統合


 モディファイしたゲームに新しいゲームプレイメカニクスを導入する場合、これらを既存のゲームに統合する方法を検討しましょう。
この際、既存のコードとの調和が必要です。


6.テストとフィードバック


 新しいシーンやシーン遷移が設計されたら、テストプレイを行い、フィードバックを収集しましょう。
プレイヤーの体験を向上させるために、調整と修正を行うことが重要です。


7.オプティマイゼーションとパフォーマンス


 モディファイしたゲームが正確に動作することはもちろん、パフォーマンスも考慮する必要があります。
無駄なリソースの使用を最小限に抑え、ゲームの快適なプレイを保証しましょう。


8.ドキュメンテーションとコード管理


 設計プロセスと変更点を適切に文書化し、コードを管理することは、将来のメンテナンスと協力に不可欠です。
ゲームのアーキテクチャや設計の詳細を記録しましょう。


9.プロジェクトの進捗とスケジュール管理


 プロジェクトを進行し、スケジュールを管理するために、チームとの協力が欠かせません。
進捗を追跡し、課題を解決し、タイムリーに新しいバージョンをリリースしましょう。


10.プレイヤーへの提供


 最終的なゲームをリリースし、プレイヤーのフィードバックを収集し、必要に応じて調整を行いましょう。
ゲームの成功に向けて継続的な改善を行うことが鍵です。


まとめ


 これらのポイントを考慮し、既存のゲームをベースに新しいゲームを設計する際に、効果的な方法でプロジェクトを進行しましょう。
ユニークな要素を追加し、プレイヤーに楽しいゲーム体験を提供することを目指しましょう。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます