Unityに関連する記事です

 まずは効果的な学習ルーティーンと自律学習の導入について意識を変えていきましょう。



1.学習の継続に向けたルーティーンの作り方


 学習は一夜にして達成されるものではなく、日々のルーティーンと習慣の積み重ねが大切です


1.スケジュール作成


 学習時間を確保するために、一日のスケジュールを立ててみてください。
毎日1時間でも構いません。大切なのは、その時間を継続的に確保することです。


2.目標設定


 大きな目標を小さなステップに分けると、達成感を感じやすくなり、モチベーションを保つのが容易になります。
例えば、ゲームを作成するという目標を「Unityの基本操作を学ぶ」「C#で基本的なプログラムを書く」などの小さな目標に分割すると良いでしょう。


2.自立と自律の大切さ


 プログラミングの学習は、自立自律が重要となります。
学習が難しく感じる時もあるでしょうが、それを乗り越える力は、自分自身の成長と向上心に繋がります。


1.自立


 問題に直面したとき、まず自分自身で解決策を見つけることを試みましょう
インターネットで検索したり、UnityとC#の公式ドキュメンテーションを参照したりすることは非常に有益です。


2.自律


 自分の学習スケジュールや目標に対して責任を持つことが重要です。
他人に依存せず、自分自身が主体的に学習を進めていくことが求められます。

 自分でスケジュールを管理し、自分で問題を解決する能力を身につけることが、プログラミングの世界で成功するための鍵となります。


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます