Unityに関連する記事です

設計に基づいて実装していく手順を考える


 設計については検討しましたので、次は、それをどの順番で、そのように実装していくかを考えていきます。
また詳細な仕様についても一緒に考えていきます。

 ゲームシーンが複数ある場合には、それらのシーンごとに実装していく順番を考えましょう。
今回はゲームシーンは1つの予定ですので、メインとなるゲームシーンの実装順番だけ考えれば問題ありません。

<基礎編>

<パズルゲームのベース部分を作成>


手順1
 1.新しいプロジェクトを作成する
 2.ゲームシーンを作成する
 3.ヒエラルキー上にCanvasを設置する

手順2
 4.Canvas内にパズルゲーム用のUI部品を作成する 淵僖坤覯萍魅ぅ瓠璽検8えない壁。親子関係や配置する位置も含めて設置する)
 5.プレイヤーのゲームデータを管理するGameDataスクリプトをシングルトンとして作成する(生成する干支の数と種類の登録)
 6.Canvas内に干支のゲームオブジェクトを用意してプレファブ化する


<干支が消えるロジックを組み立てる>


手順3
 7.ゲーム管理用のGameManagerスクリプトを作成する 【5】のプレファブを自動生成させる(生成位置も設定する) 
 8.enum(列挙型)スクリプトを作成し、干支の名前を登録する
 9.干支の管理をするEtoスクリプトを作成して、【5】のプレファブにアタッチする

手順4
10.GameManagerスクリプトを修正する  擅機曚離廛譽侫.屬鮗動生成して、異なる干支のイメージを表示させる

手順5
11.GameManagerスクリプトを修正する◆\言された干支のゲームオブジェクトをタップして選択できる状態にする(選択中の干支は色を変える)

手順6
12.GameManagerスクリプトを修正する 同じ干支同士をスワイプして繋げられるようにする

手順7
13.GameManagerスクリプトを修正するぁ.好錺ぅ廚靴瞳劼欧心鎧戮鮠辰擦襪茲Δ砲垢


<UIを追加する>


手順8
14.DoTweenをインポートして設定する
15.Canvas内にパズルゲーム用のUI部品を作成する◆淵好灰表示部分)

手順9
16.GameDataスクリプトを修正する .好灰△半辰靴心鎧戮凌瑤鯏佻燭靴憧浜できるようにする
17.UI管理を行うUIManagerスクリプトを作成する(スコア表示の更新)
18.GameManagerスクリプトを修正するァ.好灰△半辰靴心鎧戮凌瑤魏短擦垢觸萢を追加する

手順10
19.Canvas内にパズルゲーム用のUI部品を作成する(残り時間表示部分)
20.GameDataスクリプトを修正する◆〇弔蟷間を登録して管理できるようにする

21.UI管理を行うUIManagerスクリプトを修正する〇弔蟷間表示の更新)
22.GameManagerスクリプトを修正するΑ〇弔蟷間をカウントする処理を追加する


<ベースのゲームサイクルを作る>


手順11
23.GameManagerスクリプトにゲームの進行状況を管理するenumを作成して管理を行う

手順12
24.Canvas内にResultPopUpゲームオブジェクト(リザルト表示用のUI部品群)を作成する(背景イメージ、点数表示、消した数表示、タップを促す表示)

手順13
25.GameManagerスクリプトを修正するА〇弔蟷間0になったらリザルトポップアップを画面内に移動させる

手順14
26.リザルト表示を制御するResultPopUpスクリプトを作成する(点数などの表示)
27.GameManagerスクリプトを修正する─.螢競襯肇櫂奪廛▲奪彳發縫好灰△覆匹良充┐鮃圓

手順15
28.ResultPopUpスクリプトを修正する パズルゲーム再スタート用のボタンの制御
29.GameDataスクリプトを修正する 再スタートのメソッドを追加
30.完成。ゲームのサイクルを確認する


<発展編>

<ゲームを面白くする、遊びたくなるロジックを考える>


発展1
生成する干支の種類を制限する



発展2
干支のシャッフル機能を追加する



発展3
干支のシャッフル機能を追加する



発展4
干支が消える際の演出エフェクトの追加する



発展5
干支の選択機能を追加する EtoSelectPopUpゲームオブジェクトを作成する



発展6
干支の選択機能を追加する◆EtoSelectPopUpスクリプトを作成する。GameManagerスクリプトとGameDataスクリプトを修正する



発展7
干支の選択機能を追加する EtoButtonゲームオブジェクトを作成する。EtoButtonスクリプトを作成してアタッチし、プレファブにする



発展8
選択している干支を消した際の獲得スコアをアップさせ、スコア表示に演出を追加する



発展9
スキル機能を実装する
 ・スキル用ボタンを作成する



発展10
スキル機能を実装する
 ・UIManagerスクリプトを修正する(スキルポイントの加算処理、スキルボタン用のメソッドの準備)
 ・スキルポイントとスキルボタンの連動
 ・スキルの実処理



発展11
スキル機能を実装する
 ・Enum型のSkillTypeスクリプトを作成する
 ・GameDataスクリプトを修正する
 ・GameManagerスクリプトを修正する(スキルの実処理)



発展12
ゲーム画面内の遷移時にトランジション(切り替え・フェイドアウト/フェイドイン)処理を追加する
 1.トランジション用の処理を行うためのTransitionCanvasゲームオブジェクトを作成する
 2.新しくTransitionManagerスクリプトを作成する
 3.TransitionCanvasゲームオブジェクトにTransitionManagerスクリプトをアタッチする
 4.TransitionCanvasゲームオブジェクトを利用して、ゲーム開始時とゲーム終了時にフェイド処理を追加する
 5.ゲームを実行して動作を確認する



発展13
BGMとSEを設定する(SoundManagerを作成して使用する)



 以上のような実装工程を行います。

 以上でこの手順は終了です。

 次は 手順1 です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



プログラムの基礎学習

コード練習

技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

3Dトップビューアクション(白猫風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます