Unityに関連する記事です

コルーチンの機能


 コルーチンは、Unityにおいて非同期処理を実現するための機能です。
簡単に説明すると、通常のメソッドとは異なり、処理内部で一時停止して後で再開できるメソッドです。

 主な特徴は以下の通りです。

 1.非同期処理の実現 : コルーチンを使用することで、時間のかかる処理を分割し、フレームレートを維持しながら実行することができます。

 2.待機 : コルーチン内でyield returnステートメントを使用することで、待機時間を設定できます。例えば、時間の経過や特定の条件の成立を待つことができます。

 3.途中経過の更新 : コルーチン内で状態を更新することができ、その間に他の処理を実行できます。

 どういったケースに採用できるか、実装例をいくつか提示しておきます。


アニメーションの制御


 キャラクターの移動や攻撃などのアニメーションを制御する際にコルーチンが有用です。


using UnityEngine;
using System.Collections;

public class CharacterController : MonoBehaviour
{
    IEnumerator MoveAndAttack()
    {
        // 移動処理
        yield return StartCoroutine(MoveToPoint(destination));

        // 攻撃処理
        yield return StartCoroutine(PerformAttack());
    }

    IEnumerator MoveToPoint(Vector3 destination)
    {
        // 移動中の処理
        yield return null;
    }

    IEnumerator PerformAttack()
    {
        // 攻撃中の処理
        yield return new WaitForSeconds(1.0f);
    }
}



時間経過によるイベントの発火

 
 一定時間経過後に何らかの処理を行いたい場合にコルーチンが有用です。


using UnityEngine;
using System.Collections;

public class EventManager : MonoBehaviour
{
    void Start()
    {
        StartCoroutine(TriggerEventAfterDelay());
    }

    IEnumerator TriggerEventAfterDelay()
    {
        yield return new WaitForSeconds(3.0f);
        Debug.Log("Event triggered after delay.");
    }
}



UIアニメーションの制御


 ユーザーの入力や特定のイベントに応じてUIをアニメーションさせる場合にコルーチンが有用です。


using UnityEngine;
using System.Collections;

public class UIManager : MonoBehaviour
{
    public GameObject panel;

    void Start()
    {
        StartCoroutine(AnimatePanel());
    }

    IEnumerator AnimatePanel()
    {
        // パネルを表示するアニメーション
        panel.SetActive(true);
        yield return new WaitForSeconds(2.0f);

        // パネルを非表示にするアニメーション
        panel.SetActive(false);
    }
}



学習問題


 実装を含めて、復習をおこなって処理の使い方を覚えていきましょう。

 まずは解答例を見る前に、自分で処理を考えてみてください。
また解答例、とあるように、あくまでもサンプルの解答です。ほかにも書き方はあります。




 1.コルーチンと通常のメソッドの違いは何ですか?
   具体的な例を挙げて説明してください。

 ← クリックすると解答例を表示します。




 2.yield return null; と yield return new WaitForSeconds(0); の違いは何ですか?
   それぞれの違いと、使用場面を説明してください。

 ← クリックすると解答例を表示します。




 3.コルーチンを使って、キャラクターが指定された位置に移動するシステムを作成してください。

 ← クリックすると解答例を表示します。




 以上になります。

 引き続き、学習をすすめましょう。

  => コルーチンの練習問題

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます