Unityに関連する記事です

設計に基づいて実装していく手順を考える


 設計については検討しましたので、次は、それをどの順番で、そのように実装していくかを考えていきます。
また詳細な仕様についても一緒に考えていきます。

 ゲームシーンが複数ある場合には、それらのシーンごとに実装していく順番を考えましょう。
今回のゲームではシーンは1つ(Mainシーン)しか利用しませんので、すべてMainシーンで実装を行っていきます。

<基礎編>

<ゲーム製作の準備>


手順1 −Mainシーンの作成−
 1.新しいプロジェクトを作成する
 2.ゲームシーン(Main)を作成する



手順2 ーアセットのインポートー
 3.アセットをダウンロードしてインポートする


<ゲームのベース部分作成>


手順3 −フロアのベース部分の作成−
 4.アセットを使ってステージ用のフロアのベース部分を作成する


<キャラの作成と制御>


手順4 −キャラの作成−
 5.アセットを使ってプレイヤー用のキャラを設置する
 6.物理特性マテリアルを利用して、キャラを滑らせる



手順5 −カメラの追従処理の実装−
 7.スクリプトを使って、カメラがキャラを追従するように制御する



手順6 −キャラの移動の実装−
 8.スクリプトを使って、キャラの移動を制御する  欹険Π榮亜



手順7 −キャラの加速・停止制御の実装−
 9.スクリプトを使って、キャラの速度を制御する◆ 歡篁漾
10.スクリプトを使って、キャラの速度を制御する −加速−


<フロアの基礎部分の実装>


手順8 −Skybox の設定−
11.Skybox をインポートする
12.Skybox を設定する



手順9 −ゴールの作成−
13.ゴール表示用のアセットをインポートする
14.ゴール地点を作成する



手順10 −ゴール判定とキャラの制御を実装−
15.ゴール地点に侵入したらゲームクリアの判定を行えるようにする
16.ゲームクリアの判定に伴ってキャラの速度を減速して停止させるとともにキャラの移動も出来ないように制御する


<障害物の実装>


手順11 −障害物の準備−
17.冬にまつわるアセットをインポートする
18.キャラの姿勢を変更する(任意)



手順12 −モグラの障害物の実装−
19.モグラを設置する
20.スクリプトを用意して、モグラの制御を行う



手順13 −DOTweenによる補間処理の実装−
21.DOTweenをインポートして設定する
22.スクリプトを修正して、モグラの移動をアニメ制御させる



手順14 −木の障害物の実装−
23.木を設置する
24.スクリプトを用意して、木の制御を行う


<キャラのアニメーションの制御>


手順15 −ジャンプの実装−
25.キャラをジャンプさせる
26.キャラのジャンプの制御をする



手順16 −ジャンプのアニメーションの実装−
27.Animatorビューを操作してキャラのアニメーション制御を設定する
28.スクリプトを使って、ジャンプ処理とジャンプのアニメーションを同期させる


<目的物の実装>


手順17 −得点獲得用ゲームオブジェクトの作成−
29.アセットをインポートする
30.サークル(得点用ゲームオブジェクト)を作成する



手順18 −キャラとサークルの接触判定を実装−
31.スクリプトを使って、キャラがサークルを通過した際の判定を実装する
32.スクリプトを使って、サークルを通過した際に得点を加算する処理を実装する


<UIの実装>


手順19 −スコアの表示制御−
33.Canvas内にUI部品を作成する(スコア表示)
34.画面に現在の得点をスコアとして更新表示する



手順20 −ゲーム時間の表示制御−
35.Canvas内にUI部品を作成する(ゲーム時間表示)
36.画面に現在のゲーム時間を更新表示する


<演出の追加>


手順21 −霜のエフェクトの実装−
37.カメラに霜のエフェクトを追加する
38.スクリプトを使って、障害物に接触した際に霜のエフェクトを発生させる制御を実装する


<完成>


手順22 ーステージ作成ー
39.ステージを作成する −フロアを複数して作成するー
40.通して遊んで不具合はないか確認し、新しく追加する要素を考える


発展

<ゲームを面白くする、遊びたくなるロジックを考える>

<ゲームの管理>


手順23 ークリア表示の実装ー
41.Canvas内にUI部品を作成する(クリア表示)
42.スクリプトを使って、ゲームクリアの際にクリア表示をする処理と、クリックで最初からリスタートする処理を追加する



手順24 ーBGMの制御処理の実装ー
43.BGM用のオーディオファイルをダウンロードしてUnityにインポートする
44.スクリプトを使って、場面に合わせてBGMを自動的に切り替える制御処理を実装する(ゲーム中→クリア)


<スマホ操作>


手順25 ースマホでの制御ー
45.Joystick PackアセットをUnityにインポートして、Canvas内にジョイスティックを設置する
46.ジョイスティックと各ボタンをプログラムと連携して操作できるようにする


<システムの追加>


手順26 ーフロアの自動生成の制御処理の実装ー
47.フロアの自動生成の制御処理を追加する



手順27 −プレイヤーデータの保存の実装−
48.スコアを保存する
49.ハイスコアと今回のゲームのスコアをゲーム画面に表示し、更新する



手順28 −ステージ制の追加−
50.ステージによる変更点を追加(障害物が多くなる、落下速度が速くなる、など難易度を上げていく)
51.ゲームクリア時に次のステージへ移動するように処理を追加



手順29 −残機数制の実装−
52.残機数を設定し、残機数が残っている限りは現在のステージからゲームが再スタートできる処理を追加
53.残機数がすべてなくなった場合に得点のトータルが総スコアになる処理に変更


 以上のような実装工程を行います。


 以上でこの手順は終了です。

 => 次は 手順1 −Mainシーンの作成− です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます