Unityに関連する記事です

 以下の内容で順番に実装を進めていきます。

 Animator 関連の機能と設定



1.Animator の機能

1.Animator と Animation


 移動用のアニメを登録し、条件に合わせて遷移(切り替え)できるように設定を行います。

 アニメーションの設定については奥が深いため、ここでは手順に必要な情報だけをピックアップして記述しています。

 また、Unity には Animator と Animation という機能があり、名前は似ていますが、異なる機能になります。
そういった名称の違いからもわかるように、間違えて覚えてしまうと認識を修正することが大変になりますので、
しっかりとわかるまで復習をして、正しい知識を覚えていってください。

 Animation は、実際にアニメーションを作成して登録する機能です。これは色々なゲームオブジェクトにおいて利用できます。
例えば、人型のゲームオブジェクト以外にも、四角い Cube のゲームオブジェクトのサイズを変えるアニメーションを作成することも出来ます。

 Animator は、作成済のアニメーションを登録し、どのように遷移(アニメーションの切り替え)させるかを制御する機能です。
プレイヤー用のゲームオブジェクトには、すでにいくつかのアニメーションが作成済ですので、今回はこちらの Animator の機能を利用します。

 この部分は説明のみですので、説明しやすい Unitychan アセットを利用して説明します。


2.Animator コンポーネントと AnimatorController


 Unity のゲームオブジェクトは Animator コンポーネントによって、アニメーションの制御を行っています。
この項目内において、アニメーションの設定を行っている情報を AnimatorController といいます。
これは、Animator コンポーネントの Controller プロパティに AnimatorController ファイルを設定をすることで、
その AnimatorController の情報が適用されます。

 この AnimatorController ファイルでは、アニメーションとして利用するファイルや遷移の条件などを設定します。
2Dでも3Dでも、この AnimatorController ファイルを利用して、使いたいアニメーションの登録や、アニメの遷移の設定を行います。

 下記のアイコンのファイルが AnimatorController ファイルです。


<フォルダ内の AnimatorController ファイル>



 こちらのファイルは専用の Animator ビューを利用して編集を行います。


3.AnimationClip


 1つ1つのアニメーションの情報は、Animation Clip というファイルが管理しています。
例えばジャンプのアニメ、移動のアニメ、という風に、アクションの状態ごとに AnimationClip ファイルがあります。
この情報を AnimatorController ファイル内の State という部品に割り当てることによって、再生するアニメーションの設定が行えます。

 下記のアイコンのファイルが AnimationClip ファイルです。
ファイルを選択すると、インスペクターの表示も専用の内容に切り替わります。


<フォルダ内の AnimationClip ファイル>



<インスペクター>



 基本的に2Dや3Dモデルのアセットに複数の AnimationClip がありますので、そちらを利用します。
AnimationClip は自作することも出来ます。その場合には、Animation ビューの機能を利用します。


4.ステート(State) と トランジション(Transition)


 State 同士は矢印によってつなげていくことができます。この矢印をトランジションといいます。
トランジションのある State 同士のみが遷移を行って、再生するアニメーションが切り替わるようになっています。


<ステート>



<トランジション>





 これが一般的なアニメーションの設定です。
そのほかにも BlendTree を利用した方法もありますが、今回は利用していません。


2.Animator ビューを追加する


 Unityの左上にあるメニューの中から Window => Animation => Animator を選択してください。
SceneビューやGameビューのような Animatorビューがエディターのレイアウト内に追加されます。


Animatorビュー(参考画像。この状態で表示される訳ではありません)



 Animatorビューの操作ですが、マウスのホイールボタンを押しながらマウスを移動させることによって、Animatorビューの中を上下左右に移動できます。
またホイールを回転させると、ビュー内のズームイン・ズームアウトが出来ます。



 アニメーションの切り替えの設定は、このAnimatorビューの中で行います

 Animator ビューではすべての AnimatorController の設定を行います。
そのため、設定したいファイルを選択して、表示内容を切り替えて作業を行います。

 AnimatorController の設定を行いたい場合、対象となる AnimatorController ファイル自体か、
その AnimatorController がアサインされているゲームオブジェクトのいずれかを選択している必要があります。



 => 次は 3Dアニメーションの設定 です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます