Unityに関連する記事です

 以下の内容で順番に実装を進めていきます。

手順5 −バレットの作成−
 8.Canvas内にバレット用ゲームオブジェクトを作成して設定を行う



 新しい学習内容は、以下の通りです。

 ・セーブのショートカットボタン



8.Canvas内にバレット用ゲームオブジェクトを作成して設定を行う

1.設計


 この手順では、Canvas ゲームオブジェクト内にバレット(エネミーに対して発射する弾状)のゲームオブジェクトを製作していきます。
このゲームオブジェクトもゲーム画面に映る必要のあるゲームオブジェクトですので、 Canvas ゲームオブジェクトの子オブジェクトとしてゲームオブジェクトを作成していきます。

 画像を設定する必要のあるゲームオブジェクトですので、Image コンポーネントを利用して画像を表示するようにします。
また、後程エネミーとバレットが接触する判定を行う必要がありますので、コライダーの設定も行っておきます。


2.Canvas ゲームオブジェクトの子オブジェクトとして、Bullet ゲームオブジェクトを作成する


 Canvas ゲームオブジェクトの上で右クリックをしてメニューを開き、UI => Image を選択します
Sceneビュー内の中央に、Imgae コンポーネントがアタッチされた白いゲームオブジェクトが新しく作成されますので、名前を Bullet に変更します。


ヒエラルキー画像



 PlayerSet ゲームオブジェクトを選択して、RectTransform コンポーネントがアタッチされているか確認します。
Canvas ゲームオブジェクトに含まれるオブジェクトは Transform コンポーネントではなく、RectTransform コンポーネントによって位置情報を管理しています
もしも通常の Transform コンポーネントがアタッチされている場合には、再度作り直してください。


Bullet ゲームオブジェクト インスペクター画像



Bullet ゲームオブジェクト Sceneビュー画像(キャラの上にある、真ん中の白いゲームオブジェクト)



 続いて、Bullet ゲームオブジェクトの設定を行います。

 その前に Unity のセーブを行いましょうctrl + s キーで Scene と Unity のプロジェクトの両方を一度にセーブできます
今後も特に記述はありませんが、こまめなセーブを心がけて、なるべく早く癖付けしてください


3.Bullet ゲームオブジェクトの設定を行う


 現在 Bullet ゲームオブジェクトは キャラの位置と同じ位置にあるため、見えにくい状態です。
このままでは設定もしにくいため、最初に Bullet ゲームオブジェクトの位置を調整します。

 Bullet ゲームオブジェクトを選択して、インスペクターの RectTransfom の Position.y を 0 => 200 に変更します。
Sceneビューで操作してもよいです。キャラと同じ位置でなくなれば問題ありませんので、もう少し上でも構いません。


インスペクター画像



Sceneビュー画像




 位置を変更しましたので、次は、 Image コンポーネントの設定を行います。

 最初に Raycast Target のチェックを外してオフにしてください

 続いて画像の設定を行います。ここでは仮の画像を設定しておき、後で差し替えるようにします。

 Source Image のプロパティ欄が None になっており、画像が設定されていない状態になっています。
右側にある丸いボタン(〇の中に点のあるアイコン)をクリックして、Select Sprite というウインドウを開きます。
Knob という丸い画像がありますので、そちらを選択して設定してください。


インスペクター画像



 設定が終了したら Sceneビューを確認してください。丸い画像が設定されていれば成功です。

Sceneビュー画像




 最後にコライダーの設定を行います。
 バレットとエネミー(敵役のゲームオブジェクト)とが接触した判定を行えるようにするために、Bullet ゲームオブジェクトにコライダーを設定しておきます。

 インスペクターの一番下にある Add Component ボタンを押して、Physics2D => CapsuleCollider2D を選択するか、
検索窓に Capsule と入力して候補を探して、CapsuleCollider2D を選択して追加してください。

 必ず、名前の最後に 2D とついているものを選択します。2D とないものは 3D 用のコンポーネントになるため、2D では動作しません


インスペクター画像



 追加したら、CapsuleCollider2D コンポーネントの設定を行います。

 最初に、IsTrigger のスイッチにチェックを入れてオンの状態にしてください。

 続いて、 Edit Collider ボタンを押して、Sceneビューにて、コライダーのサイズと形状を確認します
Bullet ゲームオブジェクトをフォーカスして、ズームアップしてみてください。非常に小さいサイズのコライダーが設定されているのが分かります。


Sceneビュー画像


 今回は画像のサイズとコライダーのサイズとを一緒に設定しておきたいので、コライダーのサイズを変更し、丸い画像と同じ位の大きさにしてください
 Edit Collider のボタンがオンの場合、Sceneビューにてドラッグすることでサイズの変更が行えます。
あるいは、Size の値を直接変更してもよいです。

 なお白い画像だとコライダーのサイズが調整しにくい場合には、Image コンポーネントの Color の値を一時変更してください。黒系にすると見えやすくなります
変更した場合には、設定終了後に元の白の色に戻すことを忘れないでください。


コライダーのサイズ変更後のインスペクター画像( Size の値は、この値通りでなくても構いません)



Sceneビュー画像(コライダーをみやすくするため、画像を黒くしています)




 以上でullet ゲームオブジェクトの作成と設定は完了です。完成時のインスペクター画像を載せておきます。


Bullet ゲームオブジェクト インスペクター画像



Bullet ゲームオブジェクト インスペクター画像



 以上でこの手順は終了です。

 次は 手順6 −バレットの基本制御の実装− です。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



技術/知識(実装例)

2Dおはじきゲーム(発展編)

2D強制横スクロールアクション(発展編)

3Dダイビングアクション(発展編)

2Dタップシューティング(拡張編)

レースゲーム(抜粋)

2D放置ゲーム(発展編)

3Dレールガンシューティング(応用編)

3D脱出ゲーム(抜粋)

2Dリアルタイムストラテジー

2Dトップビューアドベンチャー(宴アセット使用)

3Dタップアクション(NavMeshAgent 使用)

2Dトップビューアクション(カエルの為に〜、ボコスカウォーズ風)

VideoPlayer イベント連動の実装例

VideoPlayer リスト内からムービー再生の実装例(発展)

AR 画像付きオブジェクト生成の実装例

AR リスト内から生成の実装例(発展)

private



このサイト内の作品はユニティちゃんライセンス条項の元に提供されています。

管理人/副管理人のみ編集できます